« セキュアド、申し込み完了 | トップページ | SJC-A試験対策 »

2006.07.30

SJC-A試験概要

Javaのエントリレベル資格。基本知識、利用能力、技術力を多面的、客観的に評価する認定資格。Javaの常識を問う試験である。

トリプル・クラウン」の対象資格。

SJC-A は、開発者を目指す初級 Java技術者の方、及び、Java関連のビジネスに携わる方々を対象とし,Java テクノロジーに関する全般的な基本知識及び、オブジェクト指向の概要と共に、プログラミングの基礎についてのテスト。

SJC-A→SJC-P→SJC-WCというキャリアパスがある。SJC-PはSJC-Aを取得してなくても受験できるので、SJC-Aを取得せずに、SJC-Pからスタートし、SJC-WCやSJC-BCを取得しても良い。

■Sun認定Javaアソシエイツ試験概要
試験名称: Sun Certified Associate for the Java 2 Platform (SJC-A)
試験番号: 310-019
質問数: 51問
合格ライン: 68%(51問中35問正解)
質問形式: 多岐選択式/ドラッグ&ドロップ
時間: 115 分
料金: 税込15,750円。(受験チケット)
前提条件: 特になし
対象者: 初級Java技術者、SE、 IT部門・ ITプロジェクトのマネージャ
スキルレベル: プログラミング一般の基礎的な知識がある

■試験内容
Java認定資格の全体図
SJC-A 概要
SJC-A 主な出題範囲
SJC-A サンプル問題


■試験会場
アール・プロメトリック

■SJC-A 専用受験チケット
 Tiketosunsjca


[参考LINK]
SJC-Aとは 【Sun Certified Architect for the Java Technology】 ( IT用語辞典 e-Words)
SJC-Aを取得するメリット(Oracle)
サンのJava新資格、SJC-Aの狙いは?(@IT)

|

« セキュアド、申し込み完了 | トップページ | SJC-A試験対策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4320/11157467

この記事へのトラックバック一覧です: SJC-A試験概要:

« セキュアド、申し込み完了 | トップページ | SJC-A試験対策 »