« 平成18年度春期試験の郵便局窓口受付締切迫る! | トップページ | 「Sun認定Javaプログラマ(SJC-P)」試験リリース記念!コンテスト実施中 »

2006.02.11

フレッツ光+光電話になりました

光になりました。

光通信は速いし、楽しめるコンテンツも広がるので、おすすめです。

ADSLよ、さらばです!

開通までの流れ:
申込み
 ↓
NTT工事日決定
 ↓
NTT工事立会い
 ↓
PC設定
 ↓
(開通)
 ↓
@niftyへADSL解約申込み
 ↓
ADSLモデム返却(イー・アクセス

でした。

申込みが12月上旬で、開通が1月下旬と、初期工事無料キャンペーンを実施しているので人気があり約2ヶ月も掛かりました。


光通信にすると良いことが沢山あります。実際に利用して気付いたこと、メリット・デメリットが多々ありますので、以下に列挙します。


メリット:
一つ目、当然ですがアクセス早くなる。イライラ減でストレスも溜まりません。時間節約にもなります。

二つ目、フレッツスクエアが無料で使え、映画アニメ、スポーツなど、いろんなコンテンツ楽しめます。(ただ悲しいことに、私のロースペックPCでは、視聴できないコンテンツが多いのと、野球のコンテンツは阪神のみ。ドラゴンズファンの私としては非常に残念・・・)

三つ目、セキュリティソフト(ウィルスバスター)が1ライセンス付くので、今後、年間使用料も不要となります。これはお得です。(元々インストールされていたウィルスセキュリティは要アンインストールとなります)

四つ目、CTU(加入者網回線終端装置)がルータの役目を持っており、LANポートが4つあります。その内、3つまで接続に使えるので、家族向け・複数パソコンを所有している人に最適です。これを基点に無線LANも可能になるでしょう。


デメリット:
一つ目、光ファイバーケーブルはガラスでできているので曲げに弱く、取り扱いに注意が必要とのこと。(普通に使用していれば問題ないです)

二つ目、ONU(回線終端装置)と、CTU(加入者網回線終端装置)と、VoIPアダプタと、計電気装置が3つも必要となります。我家ではコンセントが少ないので、電源タップを購入して対応しました。配線もゴチャゴチャになるので、整理する必要があります。

スピード測定:

開通後、試したのがスピード測定でした。NTTさんの”フレッツ速度測定サイト”で計測すると、20~60M。ネットにある、測定サイトで計測すると10M~40Mでした。測定結果にバラツキが出たのは、実行時やトラフィックや、サイト・環境に依存しているからです。 実際、”フレッツ速度測定サイト”ではフレッツ網のみ動いているので、プロパイダ環境に依存しない分、測定結果が良くなっています。

ちなみに、我が家では4年前のパソコンを使っています。それがボトルネックとなり遅くなっている気がするので、次はパソコン購入だ! と思う今日この頃です♪


参考LINK:
Bフレッツ/フレッツ・ADSLに申し込みすると@nifty月額料金がお得!

・関連記事:フレッツ光と光電話にしたら、月額費用はADSLと大差なし

|

« 平成18年度春期試験の郵便局窓口受付締切迫る! | トップページ | 「Sun認定Javaプログラマ(SJC-P)」試験リリース記念!コンテスト実施中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4320/8603618

この記事へのトラックバック一覧です: フレッツ光+光電話になりました:

« 平成18年度春期試験の郵便局窓口受付締切迫る! | トップページ | 「Sun認定Javaプログラマ(SJC-P)」試験リリース記念!コンテスト実施中 »