« PostgreSQL CE認定試験 | トップページ | サブタイトルにカウントダウン追加 »

2005.07.26

セキュアド受験体験記から学んだもの

情報処理技術者試験センター内の受験体験記から、IT資格ゲッターの不合格体験記から、セキュアド試験のところをピックアップ。

失敗談や、試験対策本の著者らの話は、非常に参考になりますね。

■不合格体験記
JITECトップ> 受験体験記> IT資格ゲッターの不合格体験記


情報セキュリティアドミニストレータ「報奨金が安い」と侮ったばかりに… (IT Pro)

「情報セキュリティアドミニストレータ試験」 先生の私が落ちてどうする!? 夢であってくれ(IT Pro)

情報セキュリティアドミニストレータ 試験対策本の著者5人が語る「合格と不合格を分けるポイントはこれだ!」(IT Pro)



《ポイント整理》

・セキュリティに関する知識を増やすだけでなく,アドミニストレータとしての視点で試験問題を理解し,その視点で解答を記述できるレベルまで解答テクニックを高めることが必要。

・SSはガイドラインを制することが必要。

・午後I,IIは,「セキュリティポリシ」の見直し・追加に関する出題が毎年出る。2年連続して「個人情報保護」が出題された。

・午後の問題は,問題文中に答えが隠れていて,それを見つけて答える「解答導出型」が比較的多い。時間内にいかに早く,いかに正確に答えを探し出せるかが勝負。

・思い込みや経験で解答しない。出題者の意図をくみ取ること。

・設問に合致した最適解を見つけること。

・午後問は,問題文をしっかり読めば,半分は確実にとれる。

|

« PostgreSQL CE認定試験 | トップページ | サブタイトルにカウントダウン追加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4320/5166694

この記事へのトラックバック一覧です: セキュアド受験体験記から学んだもの:

« PostgreSQL CE認定試験 | トップページ | サブタイトルにカウントダウン追加 »