« ヘラクレスオオカブト | トップページ | 読売新聞の不買運動 »

2004.07.27

公開模擬試験

情報処理技術者試験の模擬試験について、以下に纏めました。

■公開模擬試験のメリット
 ・本試験と同条件なので、本番前の力試し、試験前の練習として。
 ・時間の配分や体の慣れ。体力づくりに。
 ・自分のレベル(合格圏内か否か)、弱点ポイントが把握できる。
 ・output練習、復習用教材として。


■各社比較

資格の学校 TAC[タック] (詳細)
試験区分:全試験区分あり。◎
申込時期:8月下旬頃~9月上旬頃
実施時期:9月下旬頃
価格  :4,000円/ 8,000円/ 10,000円。他社と概ね同じ。
試験場所:初級シスアドと基本は会場or自宅。それ以外は自宅。
その他 :





アイテック (詳細)
試験区分:全試験区分あり。◎
申込時期:8月中旬頃
実施時期:9月中旬~上旬頃
価格  :4,200円/ 8,400円/ 10,500円。他社と概ね同じ。
試験場所:会場受験又は、自宅
その他 :


資格の大原
試験区分:初級シスアド、基本のみ。△
申込時期:資料請求後。(9月上旬頃?)
実施時期:9月下旬頃
価格  :4,000円。他社と概ね同じ。
試験場所:会場受験又は、自宅
その他 :情報系以外にも多種(中小企業診断士、日商簿記検定等)の試験を取り扱っている。


・時間と金とやる気に余裕がある人や、絶対合格したい人におすすめです。
・申込時期、実施時期、価格は現時点の情報ですので、詳細はリンク先でご確認下さい。



関連記事:
公開模擬試験自己採点
公開模擬試験の結果届く
公開模擬試験受ける

|

« ヘラクレスオオカブト | トップページ | 読売新聞の不買運動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4320/997892

この記事へのトラックバック一覧です: 公開模擬試験:

» 公開模試について [テクニカルエンジニア(システム管理)]
 通信教育など利用するのもいいが、自分のペースで進めるのはなかなか容易ではない。高い受講料を出して頑張っても、あまり効果が得られないことだってある。 そのことに... [続きを読む]

受信: 2005.01.23 01:22 午後

« ヘラクレスオオカブト | トップページ | 読売新聞の不買運動 »