« テクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)試験 | トップページ | 情報処理技術者試験まとめ »

2004.05.24

システム監査技術者試験

・午後IIの論文が一番の難関である。
・論文は採点者の受け捕らえ方に、依存する部分があると思うので、運も必要と思われる。

■対象者像
被監査部門から独立した立場で、トップマネジメントの視点で、情報システムが経営に貢献しているかどうかを、安全性、効率性、信頼性、可用性、機密性、保全性、有用性、戦略性など幅広い側面から総合的に調査し、あるべき姿を描くことによって自ら形成した判断基準に照らして評価し、問題点について説得力のある改善勧告を行う者

■試験概要
試験方法:試験会場での筆記試験
試験時間:午前:100分、午後 I:90分、午後 II:120分
試験形式:多肢選択式、記述式、論述式
合格結果:7月頃発表は官報やWebページで公示される
受験料:5100円(税込み)
受験場所:全国の主要都市の試験会場
願書受付:1月上旬~2月上旬
受験日:4月第3日曜日
有効期間:なし

■試験形式と試験時間
午前:9:30~11:10(100分)
多肢選択式/55問必須

午後I:12:30~14:00(90分)
記述式 4問出題/3問解答

午後II:14:30~16:30 120分
論述式(小論文)
3問出題/1問解答

■取得難易度
合格率 6~8%
難易度 ★★★★★

■LINK
情報処理技術者試験センター(JITEC)
日本システム監査人協会


|

« テクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)試験 | トップページ | 情報処理技術者試験まとめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4320/643534

この記事へのトラックバック一覧です: システム監査技術者試験:

» 資格 [官の仕事請負人]
IT、コンピュータ関連の資格はいろいろありますが、情報処理技術者試験はとっておき [続きを読む]

受信: 2005.10.09 03:36 午後

« テクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)試験 | トップページ | 情報処理技術者試験まとめ »