« テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験 | トップページ | アプリケーションエンジニア試験 »

2004.05.23

情報セキュリティアドミニストレータ試験

・OA管理者や、日頃セキュリティ・ウイルス対策の業務に携わっている人に最適な試験。
・監査の問題や、セキュリティポリシー関連の問題が難しいと思われる。
・試験の位置付けは、初級シスアドと上級シスアドの中間的である。
・難易度的には、ソフトウェア開発技術者と同等とよく言われるが、得手不得手があるので一概に言えない。

■対象者像
情報セキュリティに関する基本的な知識をもち、情報システムのセキュリティポリシの策定及びその実施、分析、見直しを行う者

■試験概要
試験方法:試験会場での筆記試験
試験時間:午前:100分、午後 I:90分、午後 II:90分
試験形式:多肢選択式、記述式、論述式
合格結果:1月頃発表は官報やWebページで公示される
受験料:5100円(税込み)
受験場所:全国の主要都市の試験会場
願書受付:7月上旬~8月上旬
受験日:10月第3日曜日
有効期間:なし

■試験形式と試験時間
午前:9:30~11:10(100分)
多肢選択式/55問必須

午後I:12:30~14:00(90分)
記述式 4問出題/3問解答

午後II:14:30~16:00 90分
論述式(事例解析)2問出題/1問解答

■取得難易度
合格率 11~13%
難易度 ★★★

■LINK
情報処理技術者試験センター(JITEC)
(テクノラティ)

[関連記事]
セキュアド (関連書籍)
セキュアド (試験対策)

|

« テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験 | トップページ | アプリケーションエンジニア試験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4320/642699

この記事へのトラックバック一覧です: 情報セキュリティアドミニストレータ試験:

« テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験 | トップページ | アプリケーションエンジニア試験 »