« 2003年12月 | トップページ | 2004年3月 »

2004.02.29

アクセスカウンタ設置

カウンタを設置しました。FC2様のカウンタを設置しました。又、更に
ココログランキング様に登録しました。

今日は天気も雨と悪く、絶好のPC日和だった為、あれこれいろいろ更新しました。よりmyココログが充実しました。あとはデザインがちょっと...なので。また今後スタイルシートをいろいろチャレンジします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

合格基準と成績照会

ようやく合格基準と自分の成績が照会できるようになります。これが本来の姿だと思いますので、とてもよかったです。次回が合格でも不合格でも楽しみです。(合格が良いにきまってますが)

平成16年度春期試験から全区分について合格基準を公開します。...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SJC-BCとは

Sun Javaの認定試験にSJC-BCという区分が追加された模様。
サン、JAVA認定資格にJ2EE技術者を対象とした認定資格を追加...

以下、まとめ。

SJC-BC:
SJC-BCとは、Sun認定ビジネスコンポーネントディベロッパ 試験のことで、EJBアプリケーションの上級技術者向け。
前提条件: SJC-P取得
質問数: 70問
合格ライン: 64% (70問中45問正解)
質問形式: 多岐選択式/ ドラッグ&ドロップ
時間: 120分
料金: 24,000円(税込25,200円)

Sun Java/SJC-BC/EJBアプリケーションの上級技術者

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SQL試験/自宅受験OK

自宅で受験可能だなんて...そんな試験...なんか嫌だ。試験の価値が下がるね。その気になれば誰でも合格しそうだ!!!

-----以下、受験後、追記-----

実際受験すると、問題文が長く時間が足りないくらいだった。なので、自宅受験で書籍等、参考にして受験しようと思っている人は、危険だと思われます。また試験の価値ですが、あまり下がらないでしょう。むしろ、「昔のSQLより難易度が上がって、価値が上がった」といわれて欲しいですね。

IBT@anywhere開始のお知らせ-「SQL」試験がご自宅でも受験可能になります..

オラクル認定試験プログラム

Oracleニュースリリース:日本オラクル、技術者認定試験の在宅受験を可能に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CompTIAとは?

最近知ったこの試験、世界的な認定試験だそうですが、僕は知らなかったので(無知だったかも)まだまだですね。これから発展・定着していく試験でしょうかね。

以下まとめ。

CompTIAとは:
「コンプティア」と読む。
各業務の認定活動をIT業界団体。全世界でIT実務能力基準。11分野の業務に関する認定を行っている。

11分野の資格試験:
A+(R) / PCの運用・管理に関する実務基盤
Network+(TM) / ネットワーク技術業務に関する実務基盤
i-Net+ (TM) / インターネット技術業務に関する実務基盤
Server+ (TM) / PCサーバの運用・管理に関する実務基盤
Linux+ (TM) / Linux技術業務に関する実務基盤
e-Biz+ (TM) / eビジネスの運用・管理に必要な実務基盤
IT Project+ (TM) / プロジェクトマネージメントに必要な実務基盤
CTT+ (TM) / “人と向き合う業務”における実務基盤
CDIA+ (TM)/ プリンタをコアにしたネットワークソリューションを提案するため
の実務基盤
Security+ (TM) / セキュリティ技術業務に関する実務基盤
HTI+(Home Technology Integrator+) (TM)

試験会場:
Rプロメトリックの試験センターピアソンVUEの試験センター

試験費用 :
試験によって異なる。詳細
会員になると会員価格となる模様。

[LINK]
CompTIA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画:マトリックス1・2・3

この映画は僕には難しくて判らないところが多いです。(おバカなので)特に3のレボリューションは(・・)って感じてでしたが、それを忘れさせるくらいな圧倒的な面白さがあります。とは言え、やはり個人的には1が一番好きですね。

以下、まとめ

マトリックス レボリューションズ 特別版:
マトリックス リローデッド:
マトリックス 特別版
アニマトリックス 特別版THE ANIMATRIX

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャドウハーツ2と1

【シャドウハーツ2】

  • アルゼの贈る超大作RPG第2弾
  • 運要素も加味したジャッジメントリングシステムに、コンビネーション攻撃(コンボ)の要素が加わり戦術性がアップ
    Amazonのレビューを読んでもかなり好評の模様。FFの再来と思われるほどです。是非プレイしてね。 (^v^

    シャドウハーツII公式サイト:
    セーブデータ破損不具合について:
     高速ボタン連打注意。セーブする際は、ゆっくりと操作する。この方法で回避可能だとか。 (笑) データはなんとか修復可能との事。(安心)
    シャドウハーツ2 公式ナビゲーションガイド
    「シャドウハーツII」携帯ファンクラブサイトを開設
    GAME Watch/「シャドウハーツII」のレビュー

    シャドウハーツ2

    【シャドウハーツ1】
    前作のシャドーハーツは、廉価版として1980円になってました。断然お得です!!!
    シャドウハーツ 公式ガイドブック:
    シャドウハーツ攻略最前線

    シャドウハーツ1

  • | | コメント (0) | トラックバック (0)

    ニワトリを殺すな

    会議について、アレコレ考えていたら、この本の事を知り早速入手。字も大きく140頁しかないので、1時間くらいで一気に読めた。またストーリ性があり、話に引き込まれ、とても面白い本です。

    内容は、
    ・失敗を奨励せよ
     進歩のある失敗は失敗ではない。正しい反省をせよ、正しい失敗をした人を攻撃してつぶしてはならない(ここがニワトリを殺すな、というポイント)
    ・真実の前では平等
     良いアイデアが上司からベテランからとは限らない。
    ・時間は平等
    等などです。
    失敗を恐れないというのは、いいですね。常にポジティブがいいよ。保守派の人や、出世指向が強く、他人を蹴落とそう、と考えている人にお勧めね。

    ニワトリを殺すな
    ニワトリを殺すな
    おすすめ度:★★★

    内容:「君はドアの張り紙に気づいたかね?」「はい、「ニワトリを殺すな」というやつですね。」 ホンダの経営をモデルにした寓話。優良企業ランキングNo.1の勝ち組の秘密をこの信念に学べ。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2004.02.28

    剣神ドラゴンクエスト(ネタバレあり)

    息子の誕生日プレゼントでしたが、予想外に面白くて親がハマりました。初めてプレイした時は、剣を降る力加減が判らずに筋肉痛になる始末。モンスターをメッタ切りにして気分スッキリ。ストレス発散にもなりました。かなり面白い!!!
    cover

    以下、ネタバレ注意です。

    ■必殺技
    はやぶさ斬   どれか1つと最後の玉を斬る
    三連斬     どれか2つと最後の玉を斬る
    爆裂斬     どれか3つと最後の玉を斬る
    つるぎの舞い  全ての玉を斬る
    灼熱火炎斬   右下・左下・無・左下・右下
    真空烈風斬   左上・左上・無・右上・右上
    稲妻雷光斬   無・右・左下・右・左下
    魔神斬り    無・無・無・無・下
    グランドクロス 下・右・下・右・下
    ギガスラッシュ 右・下・右下・左下・右

    Vカッター   右下・無・無・無・右上
    Wインパクト  左下・右上・無・左下・右上
    ドラゴン斬り  右・無・下・無・左
    マダンテ    右下・左下・防御前・無・左上
    ビッグバン   右・左・右・無・防御下
    ジゴスパーク  下・上・下・無・防御
    ※防御とは、防御の構えからそのまま剣を上に移動。

    ■復活の呪文
    ブキヤユキノフ
    マジンノイカリ
    パフパフムスメ
    ヤミノコロモ
    ギガッシュ
    モモタンホンキ
    メタルオウ (バイキルを使って、メタルスライムの影を追いつつ、剣を降りまくる(クロスで)勝てば経験値3000もらえ、レベルあっぷに最適!!!)

    ■その他
     バイキルトは、ステージ5のベロリンマンとの戦い(雪合戦)の勝負で圧勝するともらえるよ。

    ページのトップへ

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2004.02.26

    UMLモデリング技能認定試験/L1-T2試験開始

    UMLモデリング推進協議会から、2004年3月15日よりL1-T2試験が開始される旨メールが来た。UMLは苦手なので受験しないつもり。ちなみに、L1とはLevel1事で、『UMLなどを使ってモデリングを行う最低限の知識を持っている』レベル。Level1認定には、「L1-T1」「L1-T2」の2試験の合格が必要。

    L1-T1
    レベル:UMLなどを使ってモデリングを行う最低限の知識を持っている。UML基礎知識・入門レベル。
    試験概要:出題数 50選択式。合格点 40問以上正解。試験時間  60分。

     ※『オージス総研 UML技術者認定/ブロンズ』を持っている且つ、『再登録』した人は免除される。

    L1-T2
    レベル:UMLなどを使ってモデリングを行う最低限の知識を持っている。UMLを使ったOOモデリング初級スキル・知識、OO反復型開発。プロセスの入門的スキル・知識を問います。
    試験概要:出題数 30問選択式。合格点 24問以上正解。試験時間  80分。

    共通項目
    受験料 :14,000円(税込み14,700円)
    申込み:受験情報取得や受験の申込みは、ピアソンVUE社。結果がすぐわかる。

    [参考サイト]
    UMTP/Japan
    ピアソンVUE社のホームページ

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    NTTドコモ、ドラクエとFFでFOMAブーム

    NTTドコモ、ドラクエとFFでFOMAブームを巻き起こせるか - CNET Japan

    携帯でドラクエとFFなんてとっても驚きです。最近の携帯は本当に高性能なんですね。その内、ネットゲームなんかできそうだけど、通話料が掛かり過ぎてウケナイかな。通話料が無料とは言わないけど、定額制だったらいいのに。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    休暇を取ると、

    息子が風邪を引く、というジンクスがあります。休暇取ってバリバリパソコンやるぞ!!とか思っていると、息子が風邪を引いてしまい、それどころではなくなることが何度かありました。最悪なのは連休中に入院されてしまう事です。今まで3回位あります。
    【トラックバック野郎】のお題「あなたのジンクス」:

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2004.02.25

    METAL GEAR SOLID

    ゲームキューブ版:METAL GEAR SOLID THE TWIN SNAKES
    「メタルギアソリッド」のストーリーを「メタルギアソリッド2」のシステムを使ってリメイクされたアクションアドベンチャー(発売予定日は 2004/03/11)。
    昔PS版の「メタルギアソリッド」をプレイした時、ゲームの合間にある動画が映画の並の素晴らしさで感動しました。敵に見つからないようにアジト進入する、ドキドキ感がたまりませんでした。アメリカでも高い評価を受け、米国のニューズウィーク誌最新号で、"未来を切り開く10人"のひとりに小島秀夫監督(コナミ)が選ばれた程。

    cover

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    PM試験/PMPとは?

    今日PMPという試験がある事を知りました。(^^; 
    世間ではPM不足なので、今後もこの試験が注目されるでしょう。PMと言えば、PMBOK、WBS、アーンドバリュー、リスク管理、変更管理等ですね。因みに、僕はPMではないので、用語(概要)程度しか知りません。(^^;

         ◆◆◆

    PMPとは:プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute:PMI)が実施および認定している国際資格「プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル(Project Management Professional)」です。

    目的:PM知識、理解度をはかることであり、PMIが資格認定を行うものであり、法的な資格、免許ではありません。

    試験概要:試験時間は240分。200問の4択式の問題。137点以上で合格。試験会場はアール・プロメトリックで、結果がすぐわかる。

    資格保有者数:2003年12月現在で、全世界では 60,000人強、日本国内では 約4,116人がPMPの資格保有者です。

    合格率:日本人の場合は、約60%、全世界では、70%程度です。

    [参考サイト]
    PMP試験関連情報ホームページ
    アール・プロメトリック -PMP試験情報-

    | | コメント (0) | トラックバック (1)

    2004.02.24

    今日は休暇

    今日銀行へ住宅ローンの繰上げ返済をしに行きました。そこで驚いたのが、土日も夜間もできるようになったとの事。便利な世の中だと思います。こんな感じでした(^^

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    « 2003年12月 | トップページ | 2004年3月 »